病院で受ける尿漏れの治療とは|早めにいくことで悩みを即解決

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい性病

ウーマン

発症の原因とおもな症状

梅毒は皮膚の小さな傷や粘膜などから感染し、血液を巡って全身に広がる病気です。おもな原因は性交渉(アナルセックスやオーラルセックスなど)による感染です。しかし、病原菌を持っている人とのキスでも感染したという報告もあります。梅毒の症状は4段階で長い時間をかけて徐々に症状が変化していきます。第一期(感染から3週間ほど)では感染したところの皮膚に痛みのないしこりができたり、ふとももの付け根のリンパ節が腫れます。第二期(感染から3か月ほど)になると主に体の中心部分の顔や手足にピンク色の円形のあざが見られ、脱毛症状が出始めます。第三期(感染から3年以上)まで来ると皮下組織に大きめのしこりが出ます。心臓や神経などに重い障害が出ます。

診断と治療

昔は不治の病と言われた梅毒ですが、現在はペニシリンの登場により治療可能な病気です。感染から4週間後の症状が出始めたころから治療が可能です。もし第一期の症状がみられるのであれば男性は皮膚科、性病科、泌尿器科、女性は皮膚科、性病科、婦人科を受診してみましょう。現在は第三期まで進行する人はほとんど見られなくなりましたが、服薬治療ですので、発見が早ければ早いほど服薬期間も短くて済みます。目安は以下の通りです。第1期2〜4週間第2期4〜8週間第3期以上8〜12週間治療が必要な無症状の梅毒で感染時期が不明なもの8〜12週間感染原因が性行為の場合はパートナーにも感染している恐れがあるので一緒に受診した方がいいでしょう。